ハンディクリーナー比較NOTE ロゴ画像
サイト内検索:
dyson メーカー タイトル画像

dyson メーカー タイトル画像

《吸込仕事率100Wの充電式ハンディクリーナー》

「ダイソン DC61 モーターヘッド(Dyson DC61 Motorhead)」は英ダイソン社が販売するコードレス掃除機です。

新開発の「ダイソンデジタルモーターV6」と15個のサイクロンを2層に配置する「2 Tier Radial サイクロン」を搭載。最大100Wの吸込仕事率を実現しています。充電時間は3時間半。使用時間は最大約20分。ミニモーターヘッドが付属します。

後継機種は「ダイソン V6 トリガー HH08MH」です(2015年5月発売)

スポンサーリンク

製品情報


DYSON DC61motorhead DC61MH

「ダイソン DC61 モーターヘッド」は、ダイソン社が販売するコードレス掃除機「Dyson Digital Slim(ダイソン デジタルスリム)」シリーズのハンディクリーナーです。2011年2月に発売された「ダイソン DC34 モーターヘッド」の後継機種に該当します。

本体カラーは「パープル/ニッケル(DC61MH PUNK)」と「アイアン/ニッケル(DC61MH IRNK)」の2種類。「パープル/ニッケル」は家電量販店モデル、「アイアン/ニッケル」はダイソンオンラインストア限定モデルとなっています。

付属品は「ミニモーターヘッド」「フトンツール」「コンビネーションノズル」「隙間ノズル」の4点です。

ダイソン DC61MHMO 通販モデルとの違いを比較

「ダイソン DC61MHMO 通販モデル」は通販限定商品であり、日本テレビ通販(ポシュレ)、フジテレビ通販(ディノス)、テレビ朝日通販(ロッピング)などのテレビショッピングで販売されています。

「ダイソン DC61MHMO 通販モデル」と「DC61 モーターヘッド」の違いは「本体カラー」「付属品」です。

本体カラーは「DC61 モーターヘッド」が「パープル/ニッケル」、「DC61MHMO 通販モデル」は「パープル/シルバー」となります。

付属品は「DC61 モーターヘッド」が合計4点、「DC61MHMO 通販モデル」は「ミニモーターヘッド・コンビネーションノズル・隙間ノズル」の合計3点となっており「フトンツール」が省略されています。

ただし「DC61MHMO 通販モデル」にはショップ特典として「ハードブラシ」「ミニソフトブラシ」が付属する場合もあります。

他の機能・性能は共通仕様となっています。

ダイソン DC34MH モーターヘッドとの違いを比較

従来品の「ダイソン DC34MH モーターヘッド」と「DC61 モーターヘッド」の主な違いは「モーター」「サイクロンシステム」「吸込仕事率」「バッテリー」「使用時間」「付属品」です。

モーター

内蔵モーターについては、2009年発売の「DC30/DC31」から使用されていた「DDM V2(ダイソン デジタルモーターV2)」が「DDM V6(ダイソン デジタルモーターV6)」にバージョンアップしています。「DDM V6」は毎分11万回転に強化されており、毎分10万4千回転の「DDM V2」よりも1.5倍高性能になりました。

サイクロンシステム

サイクロンシステムは「2 Tier Radial(ツーティアーラジアル)サイクロン」という新型になっています。従来品の「Root Cyclone(ルートサイクロン)テクノロジー」は6個のサイクロンを1層で配置していましたが、「2 Tier Radial サイクロン」は15個のサイクロンを2層で放射状に搭載しています。これにより空気とゴミの分離性能が向上。従来品よりも微細なハウスダストを分離できるようになりました。

吸込仕事率

モーターとサイクロンシステムの更新により、吸込仕事率は通常モードが28W、強モードが100Wになっています(DC34は通常モードが29W、強モードが65W)

バッテリー・使用時間

バッテリーは従来品の「リチウムイオンバッテリー」が「ニッケルマンガンコバルトバッテリー」に変更されています。これにより使用時間が通常モードで最大約20分、強モードで最大約6分になりました(DC34は通常モードが約15分、強モードが約6分)

付属品

付属品についても「DC34 モーターヘッド」にはなかった「フトンツール」が追加されています。

この布団ツールは、文字通り布団やベッド等の布製品に使用するアタッチメントで横幅20センチのT字型となっています。吸込口の周りにはエチケットブラシのような髪の毛や糸くずを取り除くパッドが取り付けられており、布製品の表面を撫でるように掃除するとハウスダストやアレルゲンを効率よく除去できます。

感想・評価

こちらの「ダイソン DC61MH モーターヘッド」は、コードレススティッククリーナーの「ダイソン DC62 モーターヘッド」と共通のテクノロジーを使用しています。

従来品の「ダイソン DC34MH モーターヘッド」と比べてフルモデルチェンジしており、最大吸引力が65AWから100AW、最長稼働時間も15分から20分になるなど性能が大きく向上しています。

ちなみにAmazon等の通販サイトで並行輸入品の「延長パイプ」と「モーターヘッド」が販売されています。「DC61MH」をスティッククリーナーとして利用したい人は試してみてはいかがでしょうか。

製品仕様

発売年月 2013年9月
メーカー ダイソン
型番 DC61MH PUNK(パープル/ニッケル)
DC61MH IRNK(アイアン/ニッケル)
ノズルタイプ ミニ モーターヘッド
集じん方式 2 Tier Radial サイクロン(サイクロン式)
集じん容積 0.4リットル
寸法 本体のみ:幅12.7センチ*奥行き31.5センチ*高さ20.8センチ
付属品含む:幅14.4センチ*奥行き39.5センチ*高さ20.8センチ
質量 本体のみ:1.22キロ
付属品含む:1.55キロ
使用電池 ニッケルマンガンコバルトバッテリー(22.2V)
連続使用時間 通常モード:約20分
通常モード(モーターヘッド使用時):約17分
強モード:約6分
充電時間 約3.5時間
消費電力 未公表
吸込仕事率 通常モード:28W
強モード:100W
運転音 未公表
付属品 ミニモーターヘッド、フトンツール
コンビネーションノズル、隙間ノズル
バッテリー充電器
スポンサーリンク