ハンディクリーナー比較NOTE ロゴ画像
サイト内検索:
dyson メーカー タイトル画像

dyson メーカー タイトル画像

《強モードで8分使用できる販売ルート限定モデル》

「ダイソン DC43 モーターヘッド DC43MH」はダイソンが販売するハンディクリーナーです。

コードレス掃除機「DC45 モーターヘッド」と共通のテクノロジー(サイクロンとモーター)を搭載しており、強モードで最大8分間の使用が可能。充電時間は約5時間半です。

「ダイソン DC43 モーターヘッド DC43MH」の実売価格は25,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報


ダイソン ハンディクリーナー サイクロン掃除機 サテンパープル DC43 モーターヘッド

「Dyson DC43MH Motorhead」は、英国の家電メーカー「Dyson Limited」の日本法人である「ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区)」が販売するハンディクリーナーです。

ダイソンの日本向けカタログには掲載されていない商品で、大手家電量販店での取り扱いはなく一部の通販ショップなどルート限定で販売されているようです。

本体カラーは「アイアン/サテンパープル(Iron/Satin purple)」。付属品は「隙間ノズル」「コンビネーションノズル」「ミニモーターヘッド」の3点です。

機能・性能

「DC43MH」の機能・性能は、基本的にコードレススティッククリーナーの「ダイソン DC45 モーターヘッド(DC45MH)」と共通です。

集じん方式

集じん方式は「Root Cyclone テクノロジー」です。

6気筒の小型サイクロンを放射状に配置。1段目のクリアビンで大きなゴミを分離して2段目の小型サイクロンで微細なゴミを除去します。

「Root Cyclone テクノロジー」は同じハンディクリーナーの「DC34 モーターヘッド」「DC34」にも採用されています。

モーター

モーターは「ダイソン デジタルモーター V2(DDM V2)」です。デジタルパルスとネオジム磁石によりインペラーが毎分最大104,000回転します。

標準ヘッド・ノズル

標準ヘッドは「ミニモーターヘッド」です。ハードなナイロンブラシを搭載しており、ベッドや布団の繊維に入り込んだゴミやダニを強力に吸い取ります。

また狭い場所や届きにくい場所に使用する「コンビネーションノズル」「隙間ノズル」が付属しています。

バッテリー

バッテリーは「ニッケルマンガンコバルトバッテリー(NMC)」を搭載しています。充電時間は5時間半です。

使用時間

使用時間は通常モードで20分間、強モードで8分間の使用が可能です。

ダイソン DC61 モーターヘッドとの違いを比較

上位モデル「ダイソン DC61 モーターヘッド(DC61MH)」と「DC43MH」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「サイズ」「重量」「モーター」「サイクロン機構」「使用時間」「付属品」となります。

本体カラーは「DC43MH」が「アイアン/サテンパープル」、「DC61MH」は「パープル/ニッケル」です。

サイズは「DC43MH」が「本体サイズ:幅108*奥行き320*高さ204mm 収納サイズ:幅145*奥行き410*高さ204mm」、「DC61MH」は「本体サイズ:幅127*奥行き315*高さ208mm 収納サイズ:幅144*奥行き395*高さ208mm」となっていて微妙な違いがあります。

重量は「DC43MH」が「本体質量:1.27kg 標準質量:1.61kg」、「DC61MH」は「本体質量:1.22kg 標準質量:1.55kg」なので「DC61MH」のほうが50~60グラム軽くなっています。

モーターは「DC43MH」が「ダイソン デジタルモーターV2」、「DC61MH」は「ダイソン デジタルモーター V6」を搭載しています。

サイクロン機構は「DC43MH」が6気筒の「Root Cyclone テクノロジー」、「DC61MH」は15気筒の「2 Tier Radial サイクロン」を採用しています。

使用時間は「DC43MH」が「通常モード:約20分 通常モード(モーターヘッド使用時):約20分 強モード:8分」、「DC61MH」は「通常モード:約20分 通常モード(モーターヘッド使用時):約17分 強モード:約6分」となっており「DC43MH」のほうが長い時間使用可能です。

しかし充電時間は「DC43MH」が約5.5時間、「DC61MH」は約3.5時間なので「DC43MH」のほうが約2時間も充電時間が長いことになります。

付属品は「DC43MH」が合計3点、「DC61MH」は「ミニモーターヘッド・隙間ノズル・コンビネーションノズル・フトンツール」の4点です。

ダイソン DC34との違いを比較

下位モデル「ダイソン DC34」と「DC43MH」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「本体カラー」「サイズ」「重量」「電動式ヘッド」「バッテリー」「運転時間」「付属品」となります。

本体カラーは「DC43MH」が「アイアン/サテンパープル」、「DC34」は「アイアン/サテンフューシャ」です。

サイズは「DC43MH」が「本体サイズ:幅108*奥行き320*高さ204mm 収納サイズ:幅145*奥行き410*高さ204mm」、「DC34」は「本体サイズ:幅115*奥行き322*高さ205mm 収納サイズ:幅115*奥行き434*高さ205mm」なので微妙な違いがあります。

重量は「DC43MH」が「本体質量:1.27kg 標準質量:1.61kg」、「DC34」は「本体質量:1.24kg 標準質量:1.31kg」となっており「DC34」のほうが軽量です。

電動式ヘッドは「DC43MH」が「ミニモーターヘッド」、「DC34」は使用不可となっています。

バッテリーは「DC43MH」が「ニッケルマンガンコバルトバッテリー」、「DC34」は「リチウムイオンバッテリー」です。

使用時間は「DC43MH」が「通常モード:約20分 通常モード(モーターヘッド使用時):約20分 強モード:8分」、「DC34」は「通常モード:約15分 強モード:6分」となります。

しかし充電時間は「DC43MH」が約5.5時間、「DC34」は約3.5時間なので「DC43MH」のほうが約2時間も充電時間が長くなっています。

付属品は「DC43MH」が合計3点、「DC34」は「隙間ノズル・コンビネーションノズル」の2点となっており「ミニモーターヘッド」が省略されています。

感想・評価

こちらの「ダイソン DC43MH モーターヘッド」は一部のネットショップとダイソン公式アウトレットで販売される商品です。

コードレス掃除機「ダイソン DC45 モーターヘッド」と共通のコンポーネントを持つハンディ掃除機なのですが、なぜかプレスリリース等も一切なく、ひっそりと販売されています。

ちなみにヨーロッパ市場には「DC43H」、オーストラリア市場には「DC43 Matress」という商品が存在します。

製品仕様

発売年月2016年3月
メーカーダイソン
型番DC43MH(アイアン/サテンパープル)
JANコード-
ノズルタイプミニモーターヘッド
集じん方式サイクロン式
集じん容積-
寸法本体サイズ:幅108*奥行き320*高さ204mm(バッテリー含む)
収納サイズ:幅145*奥行き410*高さ204mm(モーターヘッド、バッテリー含む)
質量本体質量:1.27kg
製品重量(標準ヘッド、バッテリー等含む):1.61kg
電源方式コードレス式
使用電池リチウムイオンバッテリー
連続使用時間通常モード:20分
強モード:8分
充電時間5時間半
消費電力-
吸込仕事率-
運転音-
付属品隙間ノズル、コンビネーションノズル

スポンサーリンク

error: Content is protected !!